インプラント治療は3ヶ月から10ヶ月

他の歯科治療と、インプラント治療が大聴く異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行なえなくなる点です。他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨を結合指せてしまうので何らかのりゆうでインプラントと骨がなじまず、インプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療は多彩な事情から、他の治療がうけられない患者さんがうける治療です。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどのりゆうでインプラント治療を要望することになるといった患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、制約もあるので覚えておきましょう。それは何より、インプラント治療をうけることができないケースもあることです。

どういう方が治療をうけられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される可能性は高いといえます。
注意してください。

一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントといった連結部分をはめ込み、義歯をつける、といったのがだいたいの流れです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヵ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

なので、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医でないとできないなら、どこの国までも治療をうけに行くといったのもありえます。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修をうけています。一生使える第二の歯をもとめて、沿う簡単に断念せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

切り開くあごをセンターに、麻酔を十分効かせて手術するのが普通だからです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかも知れませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長くつづくことはあまりありません。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を1回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

治療後、一見した感じでは、ブリッジよりインプラントの方が優位に立ちます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるといった辛い面があります。
年々利用者が増えてきたインプラント。

その施術とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するといったはずです。旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行なうことができます。

インプラントの施術には、歯科お医者さんに加えて、義歯を創る歯科技工士の高レベルの医療技術を欠かすことは出来ません。
それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療といったことであり、その分高額になっているのです。